PROFILE

高橋 治希 Haruki TAKAHASHI

1971年 石川県金沢市生まれ
1995年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
2000年 文部科学省短期留学推進制度にて中国中央美術学院において研究活動(半年間)
2002年 東京藝術大学大学院美術研究科後期博士課程油画専攻修了 美術博士
2003年 石川県立金沢錦丘高等学校美術教諭
2007年 金沢美術工芸大学美術科油画専攻講師
現在 金沢美術工芸大学美術科油画専攻 准教授

個展

2016年 高橋 治希展(松雲荘・京都)

2015年 高橋 治希展(ギャラリー16・京都)
2011年 高橋治希展(金沢アートグミギャラリー)
2009年 高橋 治希展(INAXギャラリー 現LIXILギャラリー ・東京)
2007年 高橋 治希展(ギャラリー点・金沢)
2005年 高橋 治希展(金沢21世紀美術館デザインギャラリー・金沢)
2004年 高橋 治希展(金沢市民芸術村PIT5・金沢)
1998年 高橋 治希展(フタバ画廊・東京)

主なグループ展

2019・16・13・10年 瀬戸内国際芸術祭(男木島・香川)
2017年 北アルプス国際芸術祭2017(大町市・長野)
2017・16・15年 薪技芸(東京藝術大学陳列館・東京、上海工芸美術職業学院・上海)
2015・12・09年 越後妻有アートトリエンナーレ(十日市・新潟)
2014年 京都霾(星空間ギャラリー・北京、中国)
2014年 食とアートの廻廊(大町市・長野)
2013・12年 陶芸の魅力×アートのドキドキ(滋賀県立陶芸の森・滋賀 /岐阜県現代陶芸美術館・岐阜/兵庫陶芸美術館・兵庫)
2011年 COLORS OF SEASONS (京都芸術センター・京都)
2009年 LANDSCAPE AND MEMORY(Ayward Gallery・ウィスコンシン州 アメリカ)
越後妻有アートトリエンナーレ(新潟)
2008年 金沢アートプラットフォーム(金沢)
2007年 ヒミング(氷見市・富山)
2002年 取手アートプロジェクト(取手市 茨城)
2002年 東京藝術大学後期博士課程研究発表展(東京藝術大学陳列館・東京)
2000年 Standing in the Future(テレコムセンタビル・東京)
1999年 キリンコンテンポラリーアワード1999(キリンビール新川本社・東京)
1999年 界面(江蘇省美術館・中国)
1998・97・96年 鶴来現代美術フェスティバル(鶴来町 現白山市・石川)
1995年 円柱56景展(ZOOM 東京)

コミッションワーク

2019年 「やまほたるの庭」金沢駅西口地下広場庭園(金沢・石川)
2018年 「手取川庭園」小松市内物件(小松・石川)
2015年 ソラリア西鉄ソウル明洞エントランス壁面(ソウル・韓国)
2006年 日本土人形館エントランスホール天井(加賀市・石川)

イベント展示

2010年 高野山カフェ(東湯・石川)
2003年 さくらほたるの並木道(金沢・石川)

受賞

1999年 キリンコンテンポラリーアワード奨励賞 (キリンビール)
1995年 サロンド・プランタン賞(東京藝術大学)

主な教育関連プロジェクト

2018年 おじゃまします。〜地下小屋集落プロジェクト〜
2017年 奥能登国際芸術祭(珠洲市・石川)
2016年 「家」−アートにくらす−
2015年 ときめきの妖精(金沢学生のまち市民交流館・石川)
2014年 かみさまのいるところ(石浦神社・石川)
2013年 Re:場所の記憶×美術の起点(金沢市内古民家)
2012年 越後妻有アートトリエンナーレ(十日市・新潟)
2012年 KOKOTEN(アートベース石引・石川)